Processed with VSCOcam with f2 preset秋田のフリーマガジン『のんびり』に記載されていた池田修三 没後10年作品展『いろどり』が開催されているにかほ市を目指して。併せて水戸芸術館で開催されている『拡張するファッション』に寄ってみたりしながらのブラブラ車中泊旅行3日目の記録。
メンバーは夫・妻・娘(4歳)・小型犬一匹。
1日目2日目の続きです。

2014年4月 GWの車中泊旅行 3日目

山形県三川町から鳥海山経由で秋田県にかほ市へ。いままで立ち寄ったことのない町をしっかり観光する面白さ。

道の駅 庄内みかわ
朝起きたら道の駅の中に公園エリアがあったので、子供は朝から公園で滑り台三昧。晴れが続いてよい旅行。
いざ、秋田を目指して出発!
鳥海山(鉾立ビジターセンター)
冬期閉鎖していた鳥海ブルーラインが開通したばかりだったので、鳥海山経由でにかほを目指したのですが、これが大正解!雪の多い年だったので、標高が上がるにつれて雪が増えてものすごい雪壁が!鉾立ビジターセンターの展望台も雪だらけ!駐車場には除雪車が駐車してあって、ものすごくかっこよかったです。
鳥海山からにかほへの道で満開の桜と鳥海山が見えるスポットがあるし、とにかく鳥海山がバッチリどーーーーーん!とずっと見えるドライブで最高でした。
道の駅 象潟 ねむの丘
ラーメンをお昼ご飯に食べたり、公園で遊んだりできる大きな大きな道の駅。お土産もいろいろ購入してしまいました。温泉がある道の駅なので、車中泊に人気というのも納得。
キッコーナンの醤油かわいいいいいです!!!
象潟公会堂
池田修三 没後10年作品展『いろどり』が開催されている象潟公会堂に無事到着。池田修三作品とてもよかったです!象潟の指定のお店で買い物するとミニカードがもらえるイベントが開催されていたので、いくつか回ってミニカードをもらったりして、象潟をグルグル回っていたら、町の雰囲気がとてもよいし、ずっと鳥海山はみえているし、なんだかとても楽しい気持ちになり、この町が大好きになりました。
鳥海山荘
家族風呂に入りたい!と調べて鳥海山荘に寄りました(道に迷ったりして思ったより遠かった…)。いいお風呂でした!明るい時間にも行ってみたいです。そしてレッツ帰宅!
越後川口SA
どこまで帰れるか?と走っていたけど、越後川口SAで撃沈。(越後川口SAは今後行きも帰りもよく車中泊スポットになることをこのときはまだ知らないw)
自宅
お疲れさまでした!車中泊は3泊。走行距離1200km(うち最終日+半日で600km)。しかしこれで秋田に行ける!という自信がつきました。やっほい。

この旅行の反省点

  • ブラブラとした旅程もよいのだけど、もう少し食事や温泉の下調べもしておくとスムーズでよいかも。車中でずっとスマホ検索していると疲れてしまうので、軽く目星をつけておいた方がいいなーと思って、この旅行以来事前調査を少しだけしています。(子供が「乳搾りがしたい!」と言っても予約しないと行けないところも多かったりするので)
  • 子連れ温泉を連チャンしていると、気をつかう必要がない家族風呂にどうしても入りたくなる。ので、家族風呂がある温泉を探しておくといいと思いました。子供が小さければ小さいほど家族風呂のありがたさを感じます。母さん一人で子供の面倒みながらお風呂に入るのは、あまりリラックスできませんが、父さんも一緒だと気楽に湯船につかれます。あとうちの子供はぬる湯が好きで40度ぐらいでもう湯船に入ってくれないので、家族風呂だと水でぬるくできて一緒に入れて嬉しいです。

よかった点

  • 鳥海山最高!
  • 日本海側は高速道路が無料区間があって高速代が抑えられるから、青森まで行くときはこちらを通る方が時間はかかるけど、お得なのでは?という気づき。&日本海見ながらのドライブは気持ちがよい。

参考リンク

すごく素敵な版画作品です。印象的な子供だけじゃなく、象潟の風景の作品もとてもよいです!

スポンサーリンク

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題がなければ、「コメントを送信する」ボタンを押してください。

ホーム > 車中泊の旅日記 > 《2014年4月》GW 2回目の車中泊旅行で秋田にかほ市へ_3日目

スポンサーリンク

スポンサーリンク

▲ページトップへ