新潟 角田浜 写真2015年10月前半に新潟市の「水と土の芸術祭」リベンジを車中泊旅行の3日目の記録です。
燕市にある道の駅「国上」を出発して、弥彦村に入り弥彦山スカイラインで弥彦山山頂へ。その後は強風で大荒れの日本海&佐潟を堪能して帰宅しました。

新潟市「水と土の芸術祭」リベンジ車中泊旅行 3日目

道の駅「国上」
日が出てくるとさすがに暑くなりますが、快適な車中泊でした。いい季節。
昨日と違って少しお天気なので、雲が出てくる前に弥彦山を目指します。
弥彦山
弥彦山スカイラインを通って、日本海を眺めながら一気に弥彦山山頂エリアを目指します。少し紅葉が始まっていて、狙っていなかったのでお得な気分。山頂エリアについたら、風が強くて寒かったです。ロープウェイなどもあって、もう少し観光したい感じでした。海を見ながら登山するのも気持ちよさそうです。
角田浜
大きな海水浴場のある角田浜。この日は日本海が大荒れで、ものすごい波がきていて、ものすごい迫力でした!夏になるとこの規模の海水浴場もいっぱいになるのでしょうか。一度行ってみたいです。
佐潟
佐潟で芸術祭の展示物をみたあと、近くにあった新潟の太田農園が手掛ける農家レストラントコワカで農家野菜満載のランチを満喫。野菜がめちゃんこ美味しかったです!ネギのコンソメ煮!あーまた食べたい!
今回の旅の目的の一つである佐潟に行けた&お天気が悪く雨が降ってきてしまったので、新潟観光はこれでおしまいにして帰路につきます!
ウオロク
ウオロクのおはぎがどうしても食べたくて、ウオロクはしご。2件目で発見してホクホク。ウオロクのおはぎ最高!
新潟市西蒲区にはかなりお安いガソリンスタンドがありました。
湯沢「ショッピングセンターのぐち 湯沢ハーツ店」
下道でがーっと湯沢まできたので、夕方ののぐちへ。
まつやのパンが大量にあったので、明日のパンが買えました。

[→]毎度おなじみのぐちについての記事はこちら
前橋「七福の湯」
お風呂を新潟県を越えて群馬に入ってからにしよう…ということで、都市部に入ると少し遅めの時間まで営業している温泉が沢山あるので、どこにいくか悩みましたが前橋の「七福の湯」というところに行ってみました。
源泉掛け流しが気持ちよかったのですが、娘には少し熱かったようで全然入ってくれず…残念。綺麗な今時のスーパー銭湯的な温泉でした。
自宅
前橋からはノンストップで自宅を目指して無事帰宅。今回も無事故無違反でお疲れさまでした!

わりとショートトリップな旅行でしたが、新潟はどこで何を食べても美味しいんじゃないか?と思ってしまうぐらいに、またもやどこで何を食べても美味しかったです。
今回はお天気が絶妙で、小雨が降ったり、急にざーっと強く降ったり、急に雲がきれたり…という安定しない感じでした。雨降りのときは犬っころの散歩をするのが大変なので、カラッと晴れている車中泊旅行もしたいものです…足ふきが大変なのですが、何かいい方法ないか考えてみます。

佐潟はいい場所

佐潟に行きたかったのは、石川直樹さんの「潟と里山」を読んでいたからなのですが、写真集を持って行くのを忘れてしまって残念でした。持って行くべきだったな。
荒い海&曇り空の角田浜の雰囲気が冬の日本海を思い出されて、とてもよかったです。真冬にまた写真を撮りに行きたい場所になりました。

子連れなら佐潟よりも上堰潟の方が公園として整備されているので、より楽しそうな気がします。佐潟はラムサール条約湿地なのもあり、水鳥の観察などが充実していて、小さな子供には少し物足りない?感じでした。(まあ今回はお天気が悪かったので、どっちにしても遊べませんでしたが…そして水鳥が好きな私はとても楽しかったです!)

スポンサーリンク

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題がなければ、「コメントを送信する」ボタンを押してください。

ホーム > 車中泊の旅日記 > 《2015年10月前半》新潟市「水と土の芸術祭」リベンジ車中泊旅行_3日目_弥彦山〜帰宅

スポンサーリンク

スポンサーリンク

▲ページトップへ