子供の頃に「オホーツクに消ゆ」をファミコンでプレイして道東の地名を知りました。「釧路」「摩周湖」「紋別」など小学生なりになんとなく憧れがあったので、今回の旅行で紋別に行けてとても嬉しかった&紋別とてもよかったです!夏ですらガリンコ号はとてもかっこよかったので、寒そうだけど流氷が見られる時期に行きたい!と強く思いました。

「流氷科学センター」でマイナス20度を体感

道の駅「オホーツク紋別」のメイン施設である「流氷科学センター」は入館料がかかりますが、真夏でもマイナス20度を体感できます。入り口でコートと長靴を貸してもらって、レッツゴー!っと意気揚々と入場しましたが、寒くて即退場しました。夏物のワンピースだと上着を着ていても寒かったです…。ちょうどシャボン玉が凍るという展示をしていて面白かったです!
その他にも流氷の成り立ちやガリンコ号についての詳しい説明のコーナーがあり、大変興味深かったです。知らないことを沢山インプットできる旅行は本当に楽しいです。(展示室のみの利用だったので、映像ホールの方はどんなだったのかわかりませんが、きっと楽しそう)

流氷科学センター GIZA

入館料:(大人)展示室450円/全天周映像ホール450円/セット料金(展示室・映像ホール)750円
休館日:毎週月曜日(祝日は除く)、祝日の翌日、年末年始(12月29日~1月3日)
開館時間:9:00~17:00
詳しくはこちら→http://www.giza-ryuhyo.com/

道の駅のすぐ近くにあるでかいカニ爪

紋別のカニ爪オブジェ今回の旅行にあたって、道東のことをいろいろ調べていたとき、この紋別のカニ爪写真をみて、異様な大きさにビックリしました。写真で見ても「え?」となる大きさだったので、生で見たくなり、どーーーしても紋別に寄ってもらいたくて、旅程にねじ込みました。
実際に見たらやっぱりとても大きくて、あまりの大きさに笑ってしまいました(高さ12m、幅6m、重さ7トン!)。そして大変気になる存在に…!

紋別のカニ爪オブジェライトアップ!夜になるとライトアップされるので、夜にもう一度行っちゃうぐらい好きになってしまいました。大きすぎてかっこいい!また見たい!次は雪の中で写真撮りたいです!

道の駅のあたりまで行くと、東側の方を見ているとチラチラと視界に入るので、すぐわかると思います!

カニの爪

他にも盛り沢山

カニ爪だけじゃなく「とっかりセンター」も目的地の一つだったのですが、長くなりすぎたので次回へ続きます。
【追記】
[→]オホーツクとっかりセンターの記事を書きました。

道の駅「オホーツク紋別」

所在地:北海道紋別市元紋別11番地6号
電話:0158-23-5400
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)年末年始(12月29日~1月3日)
※1月4日~3月31日は無休
開館時間:9:00~17:00 ※入館は閉館の30分前まで
道の駅 オホーツク紋別

※正確な情報を載せるように心がけていますが、情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認ください。

車中泊によさそう!

紋別滞在はホテル泊だったのですが、ここの道の駅の駐車場は平坦で広く、トイレもわかりやすい場所にあり、国道からは少し離れているので車中泊しやすそうでした。
近くには海洋公園イベント広場もあり、キャンプ場ではありませんが、テント設営可能な公園として試行的に開放されています(こちらは夕方に通ったとき既に沢山のキャンピングカーがとまっていました)。
[→]詳しくはガリヤゾーンの案内ページを参照してください

スポンサーリンク

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題がなければ、「コメントを送信する」ボタンを押してください。

ホーム > 立ち寄ってよかった場所 > 道の駅 > 【北海道紋別市】道の駅「オホーツク紋別」近辺は見所たくさん!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

▲ページトップへ