さよなら北海道2015年の夏の車中泊旅行を考えてたときにいろいろ計算したものをもとにして、関越自動車道の出発点である練馬からで計算してまとめてみました。我が家の計画&時間やガソリン代や燃費などは参考程度にしかなりませんが、比較として面白いかなーと思って載せています。
夏のお盆時期なので、フェリー料金は繁忙期価格で考えていましたが、通常料金も記載しました。

  • 2015年お盆期間に練馬〜札幌に行くというシミュレーション
  • 我が家の家族構成である家族3人(大人2+未就学児1)で計算
  • 乗船時間が長い航路に関しては一等船室(個室)利用
  • デリカスペースギアの燃費はリッター8キロ想定。ガソリン代は120円/1L(願望)。400kmで6000円
  • 高速は深夜割利用の30%オフ利用※通常料金は()に記載※どらプラ調べ

東京→新潟→《新日本海フェリー》→小樽→札幌

練馬〜新潟(315km)
高速代:練馬〜新潟 4,760円(7,140円)
ガソリン代 4,800円
合計 9,550円
新日本海フェリー(ステートルームB利用)
  通常 繁忙期
車&ドライバー 21,500円 28,700円
ドライバー
ステートルームB差額
6,480円 10,290円
ステートルームB(大人1名) 12960円 20,470円
合計 40,950円 59,470円
小樽から札幌(35km)
ガソリン代 525円

概算費用

通常:51,025円
繁忙期:69,545円

概算時間

練馬〜新潟4h&フェリー18h&小樽〜札幌1h=23h
乗船時間は長いですが、時間とドライバーの体力の温存という面ではいいと思います。
[→]新日本海フェリー(新潟〜小樽)に乗った感想はこちら

東京→八戸→《シルバーフェリー》→苫小牧→札幌

練馬〜八戸(650km)
高速代:練馬〜八戸
※関越道〜東北道利用
10,800円(14,400円)
ガソリン代 9,750円
合計 20,550円
シルバーフェリー(1等船室利用)
  通常 繁忙期
車&ドライバー 25,000円
ドライバー
1等差額
5,000円
一等(大人1名) 10,000円
合計 40,000円
苫小牧から札幌(65km)
ガソリン代 975円

概算費用

計61,525円

概算時間

練馬〜八戸7.5h&フェリー7.5h&苫小牧〜札幌1.5h=16.5h
練馬〜八戸を休憩なしで一人でずっと走れないので、実際はもっと時間がかかりますし、お盆の時期だとタイミング次第で仙台ぐらいまでは高速道路が渋滞の可能性があります。
[→]シルバーフェリー(八戸〜苫小牧)の感想はこちら

東京→青森→《津軽海峡フェリーor青函フェリー》→函館→札幌

関越〜東北道ルート(710km)
高速代:練馬〜青森
※関越道〜東北道利用
10,710円(15,300円)
ガソリン代 10,650円
合計 21,360円
日本海ルート(885km)
高速代:練馬〜朝日まほろば
※残りは無料区間利用
5,410円(8,060円)
ガソリン代 13,275円
合計 18,685円
津軽海峡フェリー
  通常 繁忙期
車&ドライバー 16,460円 23,660円
二等(大人1名) 2,220円 3,190円
合計 18,680円 26,850円
青函フェリー
  通常 2015年8月
車&ドライバー 16,510円 18,160円
二等(大人1名) 1,540円 1,690円
合計 18,050円 19,850円
函館から札幌(300km)
ガソリン代 4,500円

概算費用

東北道+津軽海峡フェリー(繁忙期):52,710円
日本海側ルート+青函フェリー:41,235円

概算時間

東北道経由8h&フェリー4h&函館〜札幌5h=17h
日本海側10h&フェリー4h&函館〜札幌5h=19h
札幌まで行くことを想定すると東北で一泊&道南で一泊という感じになりそうなので、それも楽しめる長めのスケジュールを組む必要がありますね。
[→]津軽海峡フェリー(青森〜函館)の感想はこちら
[→]青函フェリー(青森〜函館)の感想はこちら

まとめ

やはりガソリン代が安いときは長距離運転するのが費用が抑えられますが、ガソリン代次第…!この夏はいくらぐらいになるでしょうね…(安くなって欲しい)。しかし運転時間が長くなるのでハードですよね。北海道へ行ってからのことを考えると、ガッとフェリーで北海道へ上陸!ってするのが一番楽かなーという気もしますが、そこはドライバーの人数や旅行のスケジュール次第というところでしょうか。
ちなみに我が家のこの夏の旅程は「日本海側で北上+青函フェリーコース」です。がんばれ、父さん!

その他利用したことがないルート

秋田〜苫小牧

乗船時間10時間かかる&料金が新潟から乗るのとあまり変わらないので利用したことはありません。
秋田まで車で移動するなら、もう青森まで行っちゃおーという気持ちに。

仙台〜苫小牧

運転好きな運転手がいるため、仙台まで行ったらもう少し北上しちゃおうか?という気持ちになるパターンです。

大洗〜苫小牧

新潟経由の方が馴染みがあるため、大洗からのフェリーという選択肢がでてきたことがありませんでしたが、お住まいの場所によっては使いやすいですよね。

スポンサーリンク

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題がなければ、「コメントを送信する」ボタンを押してください。

ホーム > フェリー > 東京から北海道(札幌)へ陸路&フェリー料金をルート別に比較してみた

スポンサーリンク

スポンサーリンク

▲ページトップへ