運転大好きムク男です。

デリカスペースギア子供が生まれてから、年末年始やお盆の連休を利用して北海道まで帰省する機会が増えました。その時々で普段乗っていた乗用車を使っていましたが、長距離のドライブは楽しいけど、宿を取っているとその日は絶対にそこまでたどり着かなければいけないのがしんどく感じていました。
旅の途中で面白そうな場所があっても、最初の予定を守らなければ宿に間に合わないため立ち寄ることが難しかったのです。

そこでたまに車中泊をするようになっていきますが、大人だけだったらシートをフルフラットにして段差を毛布などで埋めて仮眠を取ることができましたが、子供が生まれてからはそれもしんどい。
何度か帰省しているうちに車内が大きくて車中泊が快適にできる車がほしい!と考えるようになりました。

車中泊できる車を探しはじめました。

そんなことから大きな車をネットで物色する日々が続きました。
条件としては、

  • 家族で車中泊ができる大きな車(ミニバン?)
  • フルフラットにできるシート、またはベッドキットが組めて家族3人と犬1匹が寝られる
  • 雪道を走るのが好きなので4WDは必須(直結できるタイプがベスト)で最低地上高もそこそこほしい
  • 中古で値段がこなれている(当時乗っていた車のローンがまだ残っていたため)
  • できればMT車

こんな条件で車のあたりを付けていて浮上したのが、、、

ハイエース(100系)

車内の広さは十分なのでベッドを作れば快適、4WDはリアルタイム方式なのがちょっと、、、
100万も出せばタマを選べる。
昔から憧れの車種で形がかっこいい。特に紺色のが無骨で良い。運転席が高い位置なので見晴らしが良い。
デメリットは世界で人気があるので窃盗団のターゲットになりやすい。燃費が悪そう。

デリカスペースギア

車内はそこそこ広い(キャブオーバーのハイエースよりはさすがに狭い)。2WD/4WDが切り替え可能で4WDはリアルタイム方式と直結方式的動作を2種類選べる(正確にはもうちょっと高度な制御をしてます)、さらに直結ローレンジな4WD-Lモードが付いている。完璧。
デザインはうーん、、まあ後ろ姿は好きだけど前はちょっとなあ、、。横から見てもちょっとずんぐりむっくりしてる感じ。これも運転席が高い位置なので見晴らしが良い。
ただし、デメリットではないですが、これも昔から憧れの車種でかなり前になりますが前期型に試乗したことがあって、乗り心地の悪さに閉口した経験がありました。

キャラバン(NV350)

車内の広さは十分。2WD/4WD切り替えで4WDは直結方式です。
機構的には良し。タイトコーナーブレーキング現象を避けるために舗装路と凍結路が連続するといちいち切り替えるのは多少めんどうな気はします。
これも運転席が高い位置で見晴らし良し。

デリカD:5

車内の広さはスペースギアに比べて狭い印象。以前にアウトランダーに乗っていたので三菱の最近の電子制御4WDの性能はよく知っています。札幌や十日町や妙高などの豪雪地帯で、滑りやすいベタ雪や春先のグズグズのシャーベット雪でもスタックすることは皆無。横滑り防止装置の介入具合も良くて、ガチガチの凍結路でも安心して走れました。
センターデフがなくなった分、運転席を下げることで現代のSUV的な低めの着座位置になってます。一般的なユーザーにはうけるんだろうけど、見晴らしの良さは下がります。
あとはまあ中古でも金額はそれなりにします。

こんな感じで車種を絞って検討していきました。
だいぶ長くなってきたので次回に続きます。

スポンサーリンク

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題がなければ、「コメントを送信する」ボタンを押してください。

ホーム > デリカスペースギア > デリカスペースギア購入記(1):車中泊できる車を探そう編

スポンサーリンク

スポンサーリンク

▲ページトップへ