ムク男です。

中古購入時に走行距離65000キロだったデリカスペースギアも車中泊旅や近場のドライブを繰り返す内に10万キロを超えました。

購入時から足回りがグニャグニャして柔らかいなあとは感じていましたが、とくに最近はちょっとした段差でも沈み込みが大きくなってきて、減速後すぐに加速するような場面では加速を始めるまで動きの遅れを感じます。それに、でこぼこが連続する様な道ではゴツッとした硬い振動を感じるようになってきました。カーブでもスピードが出ているときはぐぐっと傾く感じが強くなっていて特に峠道などでは以前より気を遣って運転しなくてはならず、かなりつらいものがありました。

こういう状態の時はショックアブソーバーに問題があるケースがほとんどのようです。

ショックアブソーバーを交換することを決めました

車はバネとショックアブソーバーの組み合わせで衝撃を緩和するようになっています。路面や車体からの衝撃をうけるとバネがボヨヨーンと伸び縮みして衝撃を和らげ、ショックアブソーバー内に封入されたオイルが伸び縮み運動を熱に変換することでバネの揺れを収束させます。
経年劣化でショックアブソーバー内に封入されたオイルが徐々に漏れ出してオイルの圧力が減ったり、オイル自体の粘度が下がってくることで、バネの揺れを吸収しきれなくなって先ほど書いたような不具合が発生してきます。

10万キロを超えてさすがにショックアブソーバーが限界に来ていると判断してお盆の帰省の前に交換することに決めました。

デリカスペースギア用として販売されているショックアブソーバーを調べてみた

ショックアブソーバーは社外品に変えるケースが多いようで、純正品以外にもいろんなメーカーから対応品が販売されています。

ビルシュタイン

デリカスペースギアの場合、ネットで見ているとビルシュタインに変えている方が多いようです。かなり硬めでスポーティな足回りになるようです。お値段高めです。4本で80,000円くらいから。

ビルシュタインのショックアブソーバーを楽天で探す

ランチョ (RS-9000XL)

こちらもメジャーなショックアブソーバーでビルシュタインよりは柔らかめのようです。減衰力(衝撃吸収力)を9段階で調整できるダイヤルが付いていて好みに合わせて変えられるのが利点。ただし可動部品が増えると言うことは壊れる確率も増えるので、リスクがあるかもしれません。これも結構お値段高めです。4本で60,000円くらいから。

ランチョ(RS 9000XL)を楽天で探す

カヤバ(New SR Special)

純正品を作っているメーカーです。純正品よりは一割程度減衰力が高くなっているようです。値段は手頃で4本で28,000円くらいから。

カヤバ(New SR Special)を楽天で探す

あとはプロコンプ製や純正品もありますが割愛。

調整機構に惹かれてランチョを選択

デリカスペースギア ショックアブソーバーショック交換はランチョに決定どの製品がどれくらいの硬さ/柔らかさなのか、実態はすべて新品を揃えてとっかえひっかえしてみないと分からないものだと思います。ただあんまり硬めのショックだとデリカスペースギアらしいゆったり感に合わないのでは?ということと調整機構があることに惹かれて今回はランチョを選択しました。未舗装の道や冬のでこぼこした道を走る機会が多いこともランチョを選んだ理由です。
せっかくなら自分で交換するのも面白そうですが、時間も場所もないのでお店に交換を依頼しました。

実際に交換してどうだったのかは次回へ続きます。
[→]デリカスペースギア:乗り心地を改善しよう!ショックアブソーバー交換(2)

スポンサーリンク

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題がなければ、「コメントを送信する」ボタンを押してください。

ホーム > デリカスペースギア > デリカスペースギア:乗り心地を改善しよう!ショックアブソーバー交換(1)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

▲ページトップへ